teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:294/350 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

治験と代替医療

 投稿者:西塔京四郎  投稿日:2004年 6月 9日(水)19時14分46秒
  通報
  米国のMayo Clinicで実施された癌の第1相試験に参加した
癌患者108人に対して調査したところ、
8割近くの治験参加者が別に何らかの薬効物質を服用していた
との調査報告が6月8日発表されました。

薬効物質と言っても、
サプリメントや健康食品のことで、
服用者の9割はビタミンE、ビタミンCを服用していて、
3割が緑茶を飲んでいたそうです。

ビタミンや緑茶は抗癌作用があるという
研究報告が数多くありますが、
やはり癌患者さんは試されているんですね。

ビタミン剤は、
臨床の現場でも患者に対して、
プラセボとしてを飲ませることがよくありますが、
これらサプリメントや緑茶、健康食品と
治験薬である抗がん剤の相互作用(相乗作用、拮抗作用)
ってどれくらいあるのでしょうねー?

もし、何らかの影響があるのなら、
治験データの質が信用できないことになりますね。

http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/312556

 
 
》記事一覧表示

新着順:294/350 《前のページ | 次のページ》
/350