teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:20/350 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:ゆう  投稿日:2007年11月20日(火)21時24分18秒
  通報
  有償ボランティアと厚生省がいっていますし、治験により薬が認可され製薬会社に利益がもたらされ、また製薬会社はその利益を期待して薬を開発する訳ですから、お金に期待するのは悪い事だとは思いません。
もちろんお金のこともありますが、奉仕の気持ちをもっているからお金では買えない健康な体を失う可能性のあるというリスクを承知で治験に参加した訳ですし。
リスクや、遵守すべき事項や協力費等があってはじめて成立する有償ボランティアですから、遵守すべき事項やリスクのみを押し付けて協力費等を払わないとなると有償ボランティアとして成立するのか疑問です。
また、製薬会社の都合で治験が中止された場合に全額補償がないと、製薬会社は良い結果がでなかった時点で治験を中止にさえすればわずかな金額で都合の悪い被験者を排除する事が可能になってしまいます。
今回私の場合は13万円と比較的少額でしたがもっと大きな規模の治験の場合はこの差額が大きな問題になるわけです。
そういった様々なことを考えると製薬会社側の都合で中止した場合に全額の補償がないのは治験の制度上問題があるのではないのでしょうか?
長々とすいません。
 
 
》記事一覧表示

新着順:20/350 《前のページ | 次のページ》
/350